2017年02月03日

次はきっと・・・

「音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も」朝日デジタル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000014-asahi-musi

JASRACが音楽教室からも著作権料を徴収する方針を固めたようです。

当面は大手音楽教室が対象ですが、
そのうち個人の音楽教室にも影響が及ぶのは目に見えています。

「楽譜を買った時点で著作権は払っている」
「教室は「聴衆」を相手にした「聴かせる」ための演奏をしているわけではない」

など言いたい事はありますが、
こうして締め付けが強くなるほど畏縮してしまいます。

著作権の事に限らず、色々なルールや法律を決めると
必ず例外が出てきます。

その例外のためにまたルールを決めなきゃいけない。
そんな世の中どうなんでしょうか?あせあせ(飛び散る汗)

音楽教室に関しては演奏する側と、聴く側がはっきりしないと思います。

今回は徴収することが目的としか思えず、
音楽や生徒、子供たちの未来を考えれば考えるほど、
この方針には賛成できないですどんっ(衝撃)exclamation×2
posted by ゆうこりん at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記